年中行事


一月(睦月)

●正月1日〜5日  

修正会:信徒一年の家内安全・交通安全を祈る

1月 24日          

初地蔵:

二月(如月) 

●2月1〜 4日             

節分厄除星供祭(ほしまつり)

 

4日のみ : “厄除けのおぜんざい”を

振る舞わせていただきます。

(11時半頃から無くなり次第、終了します)

七月(文月)   

7月後半〜8月末 

夏季参拝期間

八月(葉月)

8月 15日    

盂蘭盆会 せがき法要

8月 23日        

 1年に1度の本尊開帳

8月24日           

 地蔵尊大祭

 

十二月(師走)

12月末〜1月   

年末年始参拝

 

〜 御縁日 〜

毎月四日・十四日・二十四日


■お彼岸ご供養のご案内


令和元年9月20日(金)~26日(木)

期間中〈加持土砂〉のご供養を承ります。

■加持土砂とは


 真言宗では「光明真言」を唱えながら、土砂に「加持」を致します。

その土砂を遺骸にかければ、たちどころに極楽浄土ができ、また、墓地にかければ、亡者は地獄から解放されるとるとされております。加持された土砂を身につけておいても、お守りとなります。

 土や砂というのはどこにでも存在し、取るに足らないもの、あるいは地面にあって汚いものという感覚で捉えがちです。しかし土砂があるからこそ、そこから大樹が育ち、緑があふれ、私たちが生きるための野菜や植物が生まれます。

 そうした生命の源が土砂であり、真言宗では教理の根本である『六大』(地・水・火・風・空・識)のひとつ“地大”にあたるものとされます。

 お大師様は「地大はすべての根源であり、教主大日如来の仏性を持つ」と説いておられます。

光明真言百八返をもって土砂を加持し、清浄にすると同時に地大の力を注ぎ込めば、その功徳によって亡者はたちどころに成仏し、大きな供養となるのです。


■日限地蔵院大祭

年に一度の秘仏本尊ご開帳です。

この機会に、ぜひお参りください。

18時〜 地蔵盆大祭法要

    (百万遍数珠繰り)

19時〜 かき氷、綿菓子、ジュースなど     を振る舞わせていただきます!

                ご家族揃ってお楽しみください

  • 大祭用御朱印 800円

大祭用の御朱印には、お願い事を書いて水に流す御札も付いています。

  • 大祭用御朱印には、ご自身でお願い事を書き込んでいただくタイプもございます。  

※令和元年の大祭は終了致しました。


▼百万遍数珠繰り

大きなお数珠を皆さまで持ち、お題目を唱えながら、皆さまの御祈願を込めてお数珠を回していくという祭事です。

何が当たるか楽しみなガラガラ抽選会も行っています。



ご祈祷・供養・その他について


・安産祈祷

・出生児命名

・方位よけ

・諸病平癒

・諸願成就祈祷

・各種祈願

 

・水子の供養

 〜「水子の精霊」慈母地蔵尊供養のお勧め 〜

  現世に光を見ることを知らない、不幸の幼子の霊が迷わぬよう回向し、供養することによって、因縁成仏しその功徳が報われ家中が幸せとなります。そして幼子(水子)の霊をも守護してくださるのが地蔵尊です。

  一人一人の幼子を抱いた水子慈母地蔵尊を建立し、供養いたしております。

 

・ご先祖の供養

 〜「1 ご先祖の永代供養」「2 自己の念願」合掌永泰地蔵尊に 〜

  ご先祖の永代供養、自己の念願達成と日々の安全息災のため祈祷いたしております。相互両体共に一体一体に戒名法名・ご芳名を記名した永代おまつりするため、申し込みを受け付けております。

 

・地蔵尊奉納燈

 〜 息災安全祈願の御燈明 〜

  8月23日・24日大祭より1年間、お名前を記名した奉納燈を本堂前または外地蔵に掲げ、 

 日々の安全息災のため祈祷いたします。

  〈本堂前 : 1燈につき 30,000円  〉

   奉納燈に記名する御芳名は3名まで。

  〈外地蔵 : 1燈につき 8,000円 

           奉納燈に記名する御芳名は1名のみ。

 *お申し込みは開院日に随時、承っております。 

 

・地蔵尊御朱印

 安全息災の御朱印を承っております。御希望の方は事務所にお声かけください。 

▲9月の御朱印です。




* 各種お守りをご用意しております。